こんにちは。ウェディングプランナーの菊地です。
今年もあと数時間で終わり、新しい年を迎えようとしていますね。

2017年を振り返ると今年もたくさんの出会いと感動がありました。
改めて、たくさんの方に支えられプランナーという仕事が成り立つこと、
たくさんのプロフェッショナルな皆様と想いを一つに
大切な日のお手伝いができることを強く感じた一年でした。
支えていただいたメンバーの皆様に心から感謝いたします。

今年は去年よりも多く感じたことがひとつありました。

結婚式を控えたご新郎ご新婦のお二人が、悩みや不安を抱えた状態で準備が進んでいくこと。
そのご相談が本当に多くありました。

なぜそうなってしまうのか・・
フリーランスのウェディングプランナーになったころ
それがわかりませんでした。
私自身は、いつも打合せの時にお二人から
『菊地さんはいつも楽しそう。なんだか当日が楽しみになってきました!』
と言われることが多く、ご新郎ご新婦のお二人といつも一緒に作り上げていくことを大切にしていました。
だから、それがわからなかったのです。

結婚式って、当日だけの事ではないと私は思います。

結婚式の準備期間も、とても大切な時間です。
この準備期間にいろんなことがあります。
お互いを改めて知る機会でもあり、
お互いの大切な方々とのつながりもできるのです。
この期間が、ただ不安な期間であれば
楽しいなんて、もちろん思えませんよね。

準備期間も楽しく、当日が楽しみになるように
そして、この結婚式を通してさまざまことをお二人が知り、学び、
人と人との繋がりの大切さを感じることができるのです。

だから、
今年多く寄せられたお問合せやご相談で
会場が決まってから、準備に入られたけれど、
どう進んでいくのか、本当に当日を迎えられるのか不安なんです、と
ご相談をいただくたびに、悲しい気持ちになりました。

ウェディングプランナーという存在は、
経験が豊富だから良いわけでもないし、たくさん婚礼をしている会場だから、
人気の会場だから良いわけではないと感じました。
最近は経験が浅い担当者も多くいますし、
逆に、会場で20年以上婚礼業務をしていました、という担当者もいます。
どちらの担当者の場合も、ご相談のお問合せがありました。

経験から活かせることもたくさんありますし、私自身もそれを実感していますが、
大切なことは、ウェディングプランナーとして
想いがあるかということ。
そして、その想いだけではなく、学び続けること、
どのような時も対応できる広い知識を持っているかということ。
全体を見渡し、プランニングできるかということ。
どれかが不足していては、やはりお二人は不安になります。
また、日々の膨大な仕事に追われて、物事をこなしている状態を多くお見受けしました。
古い言い方かもしれませんが、
一生に一度の事に関わる仕事をする上で、
決して、こなされてはいけないと思います。

来年は同じような思いをされる方が減ると良いのですが・・

今年、本当に嬉しかった言葉をたくさんいただきました。
昔から何度か言われたことがありますが、
菊地と出会い、

『人を幸せにする仕事をしたいと思った』

心から思うこと。

本当に嬉しい言葉です。

そして

『菊地さんに出会えて私たちは幸せです。
担当してくれてありがとう。』

と。

ウェディングプランナーとして最高に幸せな言葉です。
まだまだこの道を進んでいきたいと心から思います。

今年の年末は、
11月と12月は打合せとロケーションフォトやマタニティフォト、
クリスマス前後は、会場見学や、ご契約手続き、春の婚礼の皆さまとの打ち合わせなど
たくさんの方と、来年の婚礼に向けて楽しいお話ができました。
来年も本当に楽しみなことがたくさん待っています。

来年も心を込めて、大切な日のお手伝いをさせていただき
たくさんの方にお会いできましたら幸いです。

Breeze Weddingは来年も心を込めて
大切な日のお手伝いをさせていただきます。
新しい年もたくさんの出会いと感動に出会いたいです。
お気軽にお問合せくださいね。
皆様に幸せの風が吹きますように・・

今年も一年ありがとうございます。
2018年も皆様にとって素敵な一年となりますように・・

Breeze Wedding
フリーランスウェディングプランナー
菊地美杉